最近は車全体にラッピングを施している人が増えています。以前でしたら車のカラーを変更するには「オールペン塗装」を行う以外に手段が無く、綺麗に塗装するには相応のテクニックが必要な上にコストが掛かりました。また、オールペン塗装は一度塗ると元には戻せなくなる上に、車を売却する時には価格が大幅に低下するなど様々なデメリットがありました。

それに対して、ラッピングでは施工にかかる時間も短くなる上にデザインの自由度が高くなるので、複雑なロゴや柄が入ったデザインでも塗装のように高度な技術を必要としません。また、最大のメリットはラッピングだと「剥がせば元の状態に戻せる」という点です。その為、車を売却する際にはラッピングを剥がすことで車の価値を下げずに済ませることが出来るのです。

ラッピングはカラー変更させる目的以外にも新車の状態からラッピングを施工することで、元の綺麗な塗装面を保護させるという目的でも利用されている人もいます。
今の塗装に飽きている方は人気のラッピングを利用してみてはいかがでしょうか。