風を切って走るバイク。ツーリングはとても楽しく、バイクはもはや相棒という人も多いことでしょう。しかし、バイクの洗車を怠っては寿命も短くなりますし、見た目も良くありません。出来るだけこまめに洗車をしたいものです。車と違って、ガソリンスタンドなどに自動洗車機はありませんので、自分で洗車することになると思いますが、いくつか注意点があります。
 先ずは電気系統や、キーの穴などは必ず塞いでおくことです。ガムテープでは跡が付くこともありますので、マスキングテープなどがお勧めです。この作業を怠ると、キャブレターや園児などバイクの基部が故障し、予期せぬアクシデントに見舞われることがあります。穴は全て塞ぎ、念のため横や下からでは無く、必ず上から水をかけるようにしてください。
 洗車した際、必要なところから油分も流れ落ちることがあります。チェーンやワイヤー、レバーペダルなどは油が切れると危険ですので、洗車後は注油するようにしましょう。
 当たり前ですが、大事に丁寧に洗車を行ってくださいね。